facebook(ICL専門サピアタワーアイクリニック東京) twitter(ICL専門サピアタワーアイクリニック東京) Instagram(ICL専門サピアタワーアイクリニック東京)
ページトップへ

Q.

レーシックを以前受けていると眼科で白内障の手術を断られてしまうことが多いのはなぜですか?

その理由はレーシックを受けた方の角膜は厚みやカーブが変わってしまっているため、白く濁った水晶体を取り除いた後に入れる眼内レンズの度数計算が難しくなるからです。特に多焦点眼内レンズは度数がずれると遠近とも良く見えないので、通常の単焦点眼内レンズの手術以上に精密な眼内レンズの度数計算が求められます。もう一つの理由は、レーシックと白内障手術の両方を執刀している経験豊富な医師が少なく、レーシック後の白内障の方に積極的に手術を勧める医師が少ないこともあげられます。