facebookのアイコン twitterのアイコン Instagramのアイコン
ページトップへ

眼科疾患

黄斑変症

おうはんへんせい

黄斑が障害され、視力低下、中心暗点(視界の中心が黒く見えなくなること)、歪視(歪んで見える)を自覚する疾患。加齢性、強度近視性、眼底出血などで起こる。