ページトップへ
オンラインにて
ご予約のお客様へ

オンライン予約の前に、以下についてご確認ください。

当院は完全予約制です。

木曜日は休診となります。
ご本人様の症状などにより、必ずしもご希望に沿えない可能性があります。
オンライン予約では、手術に必要な検査のために問診票の記入をしていただきます。
(10分程度のお時間がかかります。)
ご予約後、予約完了のメールが届きますと予約が完了になります。
ご入力日より2日以上連絡がない場合はシステムトラブルが考えられます。
恐れ入りますが下記お電話番号までご連絡をお願いします。

ご予約/お問い合わせ 
03-3215-5489(ごよやく)

オンライン予約ページを開く
(別のページに移動します)

医院のご紹介

執刀責任者ご挨拶

北澤 世志博の写真

私が近視治療に携わるようになったのは、レーシックもまだない1993年に東京医科歯科大学でPRKの臨床試験を担当した時に遡ります。近視は眼鏡かコンタクトレンズで矯正するしかなかった時代に、手術によって裸眼で見えるようになることは画期的なことで、たくさんの患者様にお喜びの声を頂きました。それ以降屈折矯正手術に従事し、国内外の学会で多数の講演を行い手術の結果を報告してきました。1996年からはレーシック手術を始め、2003年から有水晶体眼内レンズ手術も始めました。有水晶体眼内レンズは前房型から後房型のICL(アイシーエル)に移行し3700例を超える臨床結果を学術論文で報告し文献7、そしてこの25年間で多くの方に様々な屈折矯正手術を受けて頂きました。

日本は近視大国にも関わらず、屈折矯正手術を受ける人はまだ少数派です。近視の手術には興味があるけれど合併症が心配な人や消費者庁のレーシックに対する注意喚起などの情報により手術をためらっている人が多いのも現状です。私はこれまでの25年間に及ぶ様々な屈折矯正手術の経験を通して、皆様にICLを知って頂き、一人でも多くの方に裸眼で見える喜びを感じて頂きたいと心から思っています。

北澤 世志博  Yoshihiro Kitazawa

理事長ご挨拶

我が国における屈折矯正手術は2008年の年間40万症例をピークに減少し現在は約4万症例になりました。これは一時ブームであったレーシックの問題点や厚生労働省の注意喚起などによりレーシックを受ける方が減ったためです。レーシックについては、平成25年12月4日付けで消費者庁が「希望した視力が得られないだけでなく重大な危害が発生したケースもあります」と注意喚起し、日本眼科学会も「レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!」とホームページに記載しています。しかしながら我が国の近視人口は約4.000万人ともいわれ、眼鏡やコンタクトレンズでの生活に不便を感じていらっしゃる方がたくさんいるのも事実です。このような背景の中で、近年注目され増えてきているのが眼内にレンズを挿入するICL(アイシーエル)手術です。ICL手術は清潔な眼内にレンズを挿入するので、通常のコンタクトレンズのような出し入れや交換の必要がない、いわゆる眼内コンタクトレンズです。ICLは厳格なライセンス制度のもと資格のある日本眼科学会認定眼科専門医のみが執刀しますので、安心して手術を受けて頂くことが出来ます。

一方白内障手術に目を向けますと、一昔前は開眼手術と言われ、術後は眼鏡で見えるようになることが手術の目的でしたが、近年はできるだけ裸眼で見える、それも出来れば遠近とも裸眼で見えるようになりたいと思う方が増えています。そのような方の期待に応える事が出来るのが多焦点眼内レンズを使用した白内障手術です。また更に白内障手術はメスを使わずレーザーで正確に手術を行うレーザー白内障手術へと進歩してきました。

今日、若い方もシニアの方も出来るだけ裸眼で快適な生活ができることを希望する方が増えており、皆様の期待に応えるべくICLとレーザー白内障手術専門のクリニックをオープンしました。この先進的な治療の実現の裏には、医療技術の進歩はもちろん、当院の医師たちによる不断の技術向上の鍛錬があります。当院は「すべては患者様のために」を理念に、日本における屈折矯正手術・白内障手術の普及のために日本白内障屈折矯正手術学会評議員としての使命を肝に銘じ、先進的で高度な医療と良質のホスピタリティを提供し、安心して手術を受けていただけるよう、スタッフ一同、皆様を家族と同様に温かい気持ちでお迎えいたします。

貞松 良成 Yoshinari Sadamatsu

医師の経歴

執刀責任者

北澤 世志博 Yoshihiro Kitazawa
経歴
1990年
福井大学医学部医学科卒業後、東京医科歯科大学医学部眼科入局
1993年
川口医療センター 眼科
1994年
白岡中央総合病院 眼科
1999年
東京医科歯科大学医学博士取得
2000年-2018年
神奈川アイクリニック(現神戸神奈川アイクリニック)診療部長
2001年-
医療法人ひかり会パーク病院 眼科部長
1999年-2001年
東京医科歯科大学医学部眼科 非常勤講師(兼任)
2004年-2009年
東京医科大学医学部眼科客員講師(兼任)
2019年
医療法人社団豊栄会 サピアタワー アイクリニック東京 執刀責任者

指導医、認定医
1. 日本眼科学会認定専門医、
2. Staar Surgical社 ICLエキスパートインストラクター
3. AMO社VISXレーザー指導医
4. OPHTEC社Artisan/Artisan Toric/Artiflex指導医
5. Mediphacos社Keraring指導医
6. Addition Technology社Intacs認定医
7. 日本眼科手術学会理事・学術委員

手術症例数
LASIKなどレーザー屈折矯正手術:約50,000件
有水晶体眼内レンズ挿入術:約6,500件
白内障手術(多焦点眼内レンズ含む):約 20.000件
網膜硝子体手術:約2.500件
緑内障ろ過手術:約500件

院長

關 里衣子 Rieko Seki
経歴
2007年
福井大学医学部医学科卒業
2007年
福井大学医学部付属病院
2009年
名古屋大学医学部付属病院
2010年
市立四日市病院
2012年
トヨタ記念病院
2013年
名古屋記念病院 科長
2014年
大鹿眼科・三宅眼科・河合眼科・ながお在宅クリニック
2016年
医療法人社団豊栄会さだまつ眼科クリニック
2019年
医療法人社団豊栄会サピアタワー
 アイクリニック東京 院長就任

理事長

貞松 良成 Yoshinari Sadamatsu
経歴
1992年3月
順天堂大学医学部卒業
1992年5月
医師免許取得、順天堂大学病院眼科入局
1993年10月
WHO失明予防コラートコース参加
1994年1月
順天堂伊豆長岡病院眼科赴任
1996年7月
順天堂大学病院眼科赴任、同大学助手
1997年10月
成田記念病院眼科部長就任
2000年4月
愛知県眼科医会代議員就任
2002年6月
さだまつ眼科クリニック院長
2005年4月
医療法人社団豊栄会理事長就任
2018年7月
日本白内障屈折矯正手術学会代議員就任

日本白内障屈折矯正手術学会評議員

当院で使用している
最新医療機器の紹介

手術関連機器

検査機器

フェムトセカンドレーザー LenSX
日本アルコン株式会社

精確でカスタイマイズ可能な角膜切開創、前嚢切開、核分割を行い、自動化された白内障手術をご提供できる眼科用パルスレーザーです。

私たちの想い

高度で先進的な医療と
良質なホスピタリティを提供します。

精度の高い医療を皆様に提供できるよう常に高度で先進的な技術を導入し、当院の医師は国内外の学会では屈折矯正手術と白内障手術に関する講演やシンポジウムなどの座長も多数努めています。またクリニックにおいては全てのスタッフが皆様に温かく接し、どんな些細なことでもご相談いただける環境作りに努め、皆様が手術を受けられて本当に良かったと感じて頂けるために我々は最善を尽くします。

医師を含めスタッフ一同、
皆様を家族の手術と考え対応致します。

手術を受けられる皆様を、自身の家族の手術と同様に思うことで親身になって心のこもった対応を尽くし、患者様やご家族の方と信頼関係の保持できる医療を提供致します。

日本における屈折矯正手術の
普及の使命を果たします。

       

最高執刀責任者の北澤は1993年から屈折矯正手術にかかわり、25年間にわたってこれまで多くの方に屈折矯正手術を提供してきました。また理事長の貞松は20年以上のキャリアにおいて平成14年から平成30年の期間に延べ23.276例もの白内障手術を執刀してきました。この実績はこれまでたくさんの患者様の信頼にこたえ続けてきた歴史です。我々は常に皆様の期待にこたえる事が出来るよう屈折矯正手術の普及に携わる医師としての使命感をもって一層の努力をしています。

過去5年間の手術統計推移

それぞれの方の目に
最も合った術式を提供します。

ICLはとても矯正精度が良く安全を確保できる手術ですが、全ての方が受けられるわけではありません。またレーザー白内障手術も精度が高く利点が多い手術ですが、患者様の眼の状態や現在の矯正手段と比べて手術が不向きな場合は、他の術式をお勧めすることや場合によっては手術をお勧めしないこともあります。当院では手術の勧誘をしたり、手術を強引に勧めることは一切いたしません。

学会発表
第61回 日本臨床眼科学会 『黄斑上膜手術に対する23Gシステムの使用成績』
第62回 日本臨床眼科学会 『インバーターを用いた23G硝子体手術』
第63回 日本臨床眼科学会 『当院における多焦点眼内レンズ挿入眼の術後成績』
第64回 日本臨床眼科学会 「医療の電子化は眼科診療をどこまで変えるか
 ~電子カルテと地域医療連携~」
第32回 日本眼科手術学会総会 『選択的α1遮断薬使用者に対するIntraoperative floppy iris syndrome 発症例の検討』
第30回 埼玉県眼科手術談話会 『両眼同日に行った白内障術に関する検討』
第31回 埼玉県眼科手術談話会 『難治性黄斑円孔に対しPFCL下で行った遊離内境界膜移植術』
第57回 埼玉県眼科集談会
◎コンステレーション・ビジョンシステムの使用経験
座長:鈴木利根(獨協医科大学越谷病院眼科教授)
演者:星合繁、澤田英子(ほしあい眼科)
貞松良成、野口亮子(さだまつ眼科クリニック)
第31回 埼玉県眼科手術談話会
難治性黄斑円孔に対しPFCL下で行った遊離内境界膜移植術
第22回埼玉県眼科手術談話会
多焦点レンズの使用経験
共同研究論文
あたらしい眼科32(6)898-903 2015貞松良成(さだまつ眼科クリニック)、岡義隆(岡眼科クリニック)
『紫色光ブロック眼内レンズZCB00Vを用いた白内障手術の術後早期成績:視力、屈折度、QOLの検討』
Spitz 母斑と鑑別が困難であった結膜の母斑細胞母斑の1例
西 佐知子 , 藤巻 拓郎 , 海老原 伸行 [他] , 儘田 直樹 , 村上 晶 , 貞松 良成 , 福村 由紀
眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica 2(6), 559-562, 2009-06-15
PDTが奏効した外中心窩のPCVの一症例
田邊 和彦 , 本田 美樹 , 貞松 良成 [他] , 溝田 淳 , 田中 稔
眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica 1(11), 1090-1093, 2008-11-15
異なる眼底所見を呈した眼底白点症の3症例
特集 第49回日本臨床眼科学会講演集(3)
片岡 晶子 , 早川 むつ子 , 貞松 良成 , 高橋 康造 , 邱 彗 , 藤木 慶子 , 加藤 和男 , 石田 誠夫 , 鈴木 弘子 , 根岸 千秋 , 簗島 謙次 , 金井 淳
角膜穿孔をきたし,水晶体貫通せずに隅角に落下した金属異物の1例
特集 第68回日本臨床眼科学会講演集(4)
阮 俊榮 , 藤谷 周子 , 関根 新 , 貞松 良成 , 星合 繁
特発性黄斑上膜手術に対する23ゲージシステムの使用成績
特集 第61回日本臨床眼科学会講演集(8)
星合 繁 , 花田 斉久 , 鈴木 茂揮 , 田邊 樹郎 , 貞松 良成 , 栗原 秀行
臨床眼科 62巻 10号 pp. 1741-1744(2008年10月)
帯状角膜変性症の姉妹例
特集 第51回日本臨床眼科学会講演集(4)
北田 浩美 , 小野 純治 , 貞松 良成 , 中安 清夫 , 金井 淳
臨床眼科 52巻 6号 pp. 1099-1102(1998年06月)
角膜屈折矯正手術の合併症
臨床報告
佐久間 俊郎 , 貞松 良成 , 加藤 卓次 , 石川 隆 , 中安 清夫 , 田中 稔 , 金井 淳
臨床眼科 54巻 1号 pp. 31-38(2000年01月)
指導医、認定医
1. 日本眼科学会認定専門医、
2. Staar Surgical社 ICLエキスパートインストラクター
3. AMO社VISXレーザー指導医
4. OPHTEC社Artisan/Artisan Toric/Artiflex指導医
5. Mediphacos社Keraring指導医
6. Addition Technology社Intacs認定医
7. 日本眼科手術学会理事・学術委員
手術症例数
LASIKなどレーザー屈折矯正手術:約50,000件
有水晶体眼内レンズ挿入術:約6,500件
白内障手術(多焦点眼内レンズ含む):約 20.000件
網膜硝子体手術:約2.500件
緑内障ろ過手術:約500件
学術論文
表層角膜移植および角膜上皮形成術を行った蚕食性角膜潰瘍の一例(1993年)
北澤世志博、草刈匡世、土信田久美子他
臨床眼科 47・1479~1482
脈絡膜剥離を合併した特発性頚動脈海綿静脈洞瘻の1例(1994年)
北澤世志博、星合純、吉野幸夫他
臨床眼科 48・729~733
エキシマレーザー照射中の角膜冷却処置の1例(1994年)
伊藤清治、新妻卓也、石井康雄、北澤世志博他
視覚の科学 15・47~52
円錐角膜のDescemet膜破裂例に対する早期コンタクトレンズ処方の試み(1995年)
北澤世志博、佐野研二、所敬
あたらしい眼科 12・841~844
Cooling photorefractive keratectomy(cPRK)の臨床経過(1996年)
北澤世志博、前川悦子、佐野研二他
眼科手術 9・373~378
Photorefractive keratectomy(PRK)直後のDisposable Soft Contact Lens装用の有効性
-The Use of Disposable Soft Contact Lens after Photorefractive Keratectomy- (1996年)
北澤世志博、佐野研二、前川悦子他
眼科 38・1197~1203
眼科診療に役立つ情報集’96~97(1996年)
Ⅰ.診断および治療基準
11. 屈折矯正手術
北澤世志博、所敬
眼科 38・1197~1203
The Efficacy of Cooling on Excimer Laser Photorefractive keratectomy in the Rabbit Eye(1997年)
YOSHIHIRO KITAZAWA、TAKASHI TOKORO、SEIJI ITO、YASUO ISHII
Survey of Ophthalmology 42・S82~S88
Photorefractive keratectomy(PRK)後の疼痛(1997年)
藤田博紀、北澤世志博、前川悦子他
あたらしい眼科 14・1415~1419
エキシマレーザー屈折矯正手術(PRK)後の矯正手段の実態(1998年)
湊原幸恵、北澤世志博、佐々木秀次他
眼科 40・455~460
エキシマレーザーphotorefractive keratectomyの長期臨床経過(1998年)
北澤世志博、前川悦子、佐々木秀次他
臨床眼科 52・411~415
HCL除去後1時間までの円錐角膜の形状変化(1998年)
藤田博紀、佐野研二、北澤世志博
あたらしい眼科 15・1299~1302
屈折矯正手術の臨床経過と問題点 AESCLUP-MEDITEC社製エキシマレーザーMEL-60の使用経験(1999年)
北澤世志博、所敬、村松隆次他
日本眼科学会雑誌 103・208~214
Cooling effect on excimer laser photorefractive keratectomy(1999年)
YOSHIHIRO KITAZAWA、ETSUKO MAEKAWA、SHUJI SASAKI他
Journal of Cataract & Refractive Surgery 25・1349~1355
多重屈折矯正手術後に強度の角膜上皮下混濁を来した1症例(1999年)
岡本加奈子、三橋環、佐々木秀次、北澤世志博他
日本眼科紀要 50・175~179
円錐角膜に対するビデオケラトスコープを用いた新しいコンタクトレンズ処方プログラム(2000年)
藤田博紀、佐野研二、溝口正一、北澤世志博他
あたらしい眼科 17・1269~1272
PRKの再手術について教えてください(2001年)
北澤世志博
あたらしい眼科 18・81~84
角膜中央部が局所的に突出した円錐角膜に対して特殊コンタクトレンズが有用であった2症例(2001年)
藤田博紀、佐野研二、藤倉一、北澤世志博他
あたらしい眼科 18・1179~1182
LASIK直後の他覚屈折度と裸眼視力(2002年)
北澤世志博、澤井秀明、田尻千鶴子
日本眼科学会雑誌 107・249~256
エキシマレーザー屈折矯正手術laser epithelial keratomileusisの初期臨床経過(2003年)
北澤世志博、澤井秀明、田尻千鶴子
日本眼科学会雑誌 107・249~256
新しい屈折矯正手術Laser Epithelial Keratomileusis (LASEK)(2003年)
北澤世志博
あたらしい眼科 20・349~350
新しい屈折矯正手術 遠視矯正・LASEK Laser Epithelial Keratomileusis(LASEK)の手術手技と術後成績(2003年)
北澤世志博
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 17・388~392
新しい粘弾物質ヒーロンRVの使用経験(2004年)
松島美奈子、江平ゆかり、佐藤真理、北澤世志博他
あたらしい眼科 21・531~534
Laser Epithelial Keratomileusis(LASEK)の現状(2004年)
北澤世志博
視覚の科学 25・2~8
屈折矯正手術セミナー
フェムトセカンドレーザーによるフラップ作製:手技と初期成績(2004年)
北澤世志博
あたらしい眼科 21・623~624
LASEKおよびEpi-LASIK(2005年)
LASEK and Epi-LASIK
北澤世志博
あたらしい眼科 22・181~184
屈折矯正手術セミナー Laser Epithelial Keratomileusis(LASEK)のエンハンスメント(2005年)
北澤世志博
あたらしい眼科 22・639~640
PRKやLASEK後のヘイズとリグレッションに対するリスク管理と発生時の対処法について教えてください(2005年)
北澤世志博
あたらしい眼科 22・114~117
屈折矯正手術セミナー WaveLight社製レーザー(ALLEGRETTO WAVE)と収差計(2006年)
北澤世志博
あたらしい眼科 23・351~352
Laser-assisted Subepithelial Keratectomy(LASEK)適応と現況(2006年)
北澤世志博
眼科手術 19・332~334
Intra LASIK -LASIKの新しい手技-(2006年)
北澤世志博
眼科手術 19・332~334
Intra LASIKの実際(2006年)
北澤世志博
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 20・4・360~363
屈折矯正手術とモノビジョン(2007年)
北澤世志博
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 21・1・43~48
特集 カスタムLASIK
ALLEGRETTO WAVE CONCERTO (Wave Light社)(2007年)
北澤世志博
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 21・521~525
エキシマレーザー屈折矯正手術の術前検査でペルーシド角膜変性が疑われた4症例(2007年)
山田英明、北澤世志博、木下茂
新しい眼科 24・1345~1351
Refaractive Lens Exchange versus Phakic IOL(2008年)
北澤世志博
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 22・3・303~311
Epipolis Laser In Situ Keratomileusis (Epi-LASIK)の臨床成績(2009年)
山田英明、今野公士、高橋洋子、北澤世志博他
新しい眼科 26・1535~1542
Phakic IOL挿入眼の術後視機能に対する不満とその対処法(2009年)
北澤世志博
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 23・41~48
角膜形状不正眼に使用した角膜内リング(Keraring)の治療経過(2010年)
安田明弘、今野公士、土信田久美子、北澤世志博他
あたらしい眼科 27・239~244
角膜前面トポグラフィーでClaw-shaped Patternを呈する片眼性円錐角膜が疑われた6症例(2010年)
山田英明、北澤世志博、今野公士他
あたらしい眼科 27・245~251
多焦点眼内レンズ挿入術の術後成績と満足度(2011年)
高橋洋子、柴琢也、高橋現一郎、北澤世志博他
臨床眼科 65・71~77
若年者の白内障手術に対する多焦点眼内レンズ手術(2011年)
北澤世志博、山田英明、今野公士他
日本白内障屈折矯正手術学会雑誌 25・68~74
角膜形状不正眼に対する,角膜内リングと有水晶体眼内レンズの併施手術(2011年)
安田明弘、土信田久美子、北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会雑誌 25・384~392
フェムトセカンドレーザーによるフラップ作製の術中合併症(2012年)
北澤世志博
あたらしい眼科 29・1239~1240
Artisan Lens(2013年)
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会雑誌 27・285~290
フェムトセカンドレーザーによる角膜実質内乱視
矯正切開術と多焦点眼内レンズ同時手術(2013年)
北澤世志博、安田弘明、高橋洋子他
臨床眼科 67・1315~1320
エキシマレーザーによる角膜屈折治療(2014年)
北澤世志博
あたらしい眼科 31・783~789
フェムトセカンドレーザーによる角膜実質内乱視
矯正切開術と多焦点眼内レンズ挿入術の同時手術における術後早期成績の検討(2014年)
北澤世志博、安田明弘、高橋洋子他
日本白内障屈折矯正手術学会雑誌 28・402~409
LASIKエンハンスメントのコツ(2016年)
北澤世志博
眼科手術 29・438~444
ハイリスク眼への屈折矯正手術:50歳代(老視,緑内障などを含む)(2016年)
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会雑誌 30・40~48
ICL摘出のコツ(2017年)
北澤世志博
眼科手術 30・303~309
軽度・中等度近視の症例に対するImplantable Collamer Lens (ICL)~日本の実情と海外の報告~(2017年)
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会雑誌 31・182~189
著書
毎日ライフ 特集「目の異常」(毎日新聞社 1996年)
屈折矯正手術の適応(P18~22)
著:北澤世志博、所敬
監修:岩石隆光
眼科Q&A21号(六法出版 1997年)
近視手術の現況(P74~77)
著:北澤世志博
眼科診療プラクティス(文光堂 1998年)
屈折矯正手術の正しい進め方ONE-POINT ADVICE
一括照射型とスキャンニングタイプエキシマレーザー装置の利点と欠点(P55)
著:北澤世志博
医学のあゆみ 近視の手術的治療(医歯薬出版 1999年)
コンタクトレンズと屈折矯正手術の利点と欠点(P461~462)
著:北澤世志博
監修:所敬
眼科診療便利手帖(診断と治療社 2007年)
LASIKと合併症(P232~233)
著:北澤世志博
監修:臼井正彦、坪田一男
眼科診療プラクティス(文光堂、2002年)
中心外照射(P74~75)
著:北澤世志博
最新の屈折矯正手術(金原出版 2009年)
7 老視矯正手術としてのmultifocal IOL (P111~123)
著:北澤世志博
監修:山子大助、北澤世志博、臼井正彦
眼科診療クオリファイ28 近視の病態とマネジメント(中山書店 2016年)
4 近視の治療 屈折矯正手術(P142~150)
著:北澤世志博
監修:大野京子
眼科臨床エキスパート 画像診断から考える病的近視診療(医学書院 2017年)
第5章 病的近視診療に必要なその他の知識 Ⅳ 病的近視に対する有水晶体眼内レンズ(P244~255)
著:北澤世志博
監修:大野京子、前田直之、??村長久
学術刊行物
第49回日本臨床眼科学会印象記(1996年)
一般講演「角膜・強膜」1~7
長谷川靖、北澤世志博、中安清夫、下村嘉一
眼科 38・451~463
屈折矯正手術の今後(1998年)
北澤世志博
埼玉県眼科医会々誌 46・20~22
第52回日本臨床眼科学会印象記(1999年)
一般口演「角膜形状・屈折矯正Ⅰ~Ⅲ」
梶田雅義、北澤世志博
眼科 41・563~567
次世代の屈折矯正手術(1999年)
北澤世志博
埼玉県眼科医会々誌 47・31~33
近視の手術的治療 コンタクトレンズと屈折矯正手術の利点と欠点(1999年)
北澤世志博
医学のあゆみ
メガネ先生がズバリ答える!屈折矯正のハテナ100(2005年)
北澤世志博
眼科ケア、夏季増刊・198~203
ケアに生かす手術 アトラスLASEK(2005年)
北澤世志博
眼科ケア 7・52~56
ケアに生かす手術アトラス Intra LASIK(2007年)
北澤世志博
眼科ケア 9・81~87
インパクトファクター論文(国際誌英文論文)
Survey of Ophthalmology 42・S82-S88
(The Efficacy of Cooling on Excimer Laser Photorefractive Keratectomy in the Rabbit Eye)
2.807
Journal of Cataract and Refractive Suregery  25・1349-1355
(Cooling effect on excimer laser photorefractive keratectomy)
2.130
国内学会シンポジウム・セミナー等
第20回日本眼科手術学会(1997年)
シンポジウム:
屈折矯正手術の問題点と長期予後
PRK(MEDITEC)の問題点と長期予後
北澤世志博
第13回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集団会(1998年)
特別講演:
エキシマレーザーPhotorefractive keratectomy(PRK)における角膜冷却の有用性
北澤世志博
第26回日本眼科手術学会(2003年)
ランチョンセミナー:
屈折矯正手術の新しいオプション
LASEKの現状の手術成績とコツ
北澤世志博
第18回日本眼内レンズ屈折手術学会(2003年)
スキルトランスファー:
マイクロケラトーム実技講習
北澤世志博
第39回日本眼光学学会(2003年)
シンポジウム:
屈折矯正法アップデート LASEKの現状
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会(2005年)
シンポジウム:
我が国におけるWavefront guided LASIKの現況
ALLEGRETTO WAVE〜Wavelight 社製〜
北澤世志博
LASIK関西(2005年)
Intra LASIKの利点と問題点
北澤世志博
屈折矯正手術講習会(2005年)
〜新たな術式〜Intra LASIK
北澤世志博
臨床眼科学会(2005年)
インストラクションコース:
Laser epithelial keratomileusis(LASEK)の実際
北澤世志博、堀川良高、土信田久美子
第110回日本眼科学会総会(2006年)
シンポジウム:
LASIK v.s. Intra LASIK
北澤世志博
第60回日本臨床眼科学会(2006年)
カスタムアブレーションガチンコ勝負
北澤世志博
ISRJ(International refractive surgery of JAPAN)(2006年)
Surface ablationの変遷と現状
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会(2006年)
シンポジウム:
屈折矯正手術とモノビジョン
北澤世志博
眼科臨床機器研究会(2006年)
屈折矯正手術(surface ablation)の変遷と現状
北澤世志博
LASIK関西(2006年)
カスタムLASIK v.s. スタンダードLASIK
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2006年)
イブニングセミナー:
本音で語るWave-front Laserの成績〜Wave Light〜
北澤世志博
第22回日本眼内レンズ屈折手術学会(2006年)
イントラクションコース:
私のstrategy「こだわりのフラップ作成」
北澤世志博
眼科臨床機器研究会(2008年)
フェムトセカンドレーザーの眼科手術への応用
〜フェムトセカンドレーザーのLASIKへの応用〜
北澤世志博
和歌山県眼科集団会(2008年)
屈折矯正手術の現状と将来
北澤世志博
βの会(2009年)
屈折矯正手術update
北澤世志博
眼科臨床機器研究会(2009年)
フェムトセカンドレーザーの最新トレンド
〜Sub-Bowman Keratomileusisと角膜内リング〜
北澤世志博
LASIK関西(2009年)
LASIKニューテクノロジー〜角膜輝点での照射〜
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2011年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!有水晶体眼内レンズをマスターしよう
LASIK・前房型phakic IOLとの比較・適応の違い
北澤世志博
日本眼科学会(2012年)
ランチョンセミナー:
トーリックICL臨床成績 〜レーシックとの比較〜
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2012年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!有水晶体眼内レンズをマスターしよう
LASIK・前房型phakic IOLとの比較・適応の違い
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会 第1回サマーセミナー(2013年)
iDesignによる次世代Wave fronf guided照射の実際
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2013年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!有水晶体眼内レンズをマスターしよう
LASIK・前房型phakic IOLとの比較・適応の違い
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2013年)
ランチョンセミナー:
ICLはLASIKを超えたか? ICL v.s. LASIK
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2014年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!有水晶体眼内レンズをマスターしよう
LASIK・前房型phakic IOLとの比較・適応の違い
北澤世志博
眼科診療アップデートセミナー(2014年)
屈折矯正手術を考える
ーLASIKと有水晶体眼内レンズ(Phakic IOL)ー
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会(2015年)
シンポジウム:
「ハイリスク眼への屈折矯正手術:50歳代(老視、緑内障などを含む)」
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会(2015年)
第3回サマーセミナー
屈折矯正手術の合併症ーLaser in situ keratomileusis(LASIK)ー
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2015年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!LI不要!貫通孔付き有水晶体眼内レンズをマスターしよう
LASIK・前房型phakic IOLとの比較・適応の違い
北澤世志博
お茶の水先進医療セミナー(2015年)
強度近視眼の屈折矯正手術ーImplantable collamer lens(ICL)ーを中心に
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会 第4回サマーセミナー(2016年)
都市伝説ーホールICLは挿入時ひっくり返り(Upside down)やすい?:その防止法
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2016年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!LI不要!貫通孔付き有水晶体眼内レンズをマスターしよう
LASIK・前房型phakic IOLとの比較・適応の違い
北澤世志博
第70回日本臨床眼科学会(2016年)
イブニングセミナー:
EVO-lusion of ICL 進化して大きくなった光学部
新しいEVOプラスICLの臨床使用経験
北澤世志博
日本眼科手術学会(2017年)
シンポジウム:
屈折矯正手術のパフォーマンス 有水晶体眼内レンズ
北澤世志博
日本眼科手術学会(2017年)
スポンサードインストラクションコース:
戦場の眼科学 米軍における屈折矯正手術の歴史的変遷と現状
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会 第5回サマーセミナー(2017年)
屈折矯正手術ナイトメア トーリックImplantable Collamer lens回旋の謎
北澤世志博
リフラクティブ関西研究会(2017年)
Hole ICL挿入のコツ
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2017年)
インストラクションコース:
白内障サージャンも必見!LI不要!貫通孔付き有水晶体眼内レンズをマスターしよう
ーLASIK・前房型phakic IOLとの比較ー
北澤世志博
日本眼科手術学会(2018年)
教育講演:
屈折矯正手術に必要な眼光学の基礎 有水晶体眼内レンズ
北澤世志博
日本眼科手術学会(2018年)
スポンサードインストラクションコース:
屈折矯正手術を受けた眼科医が語る 術式選択の理由と術後のマイライフ
北澤世志博
日本臨床眼科学会(2018年)
インストラクションコース:
実践から学ぶ有水晶体眼内レンズ
ーLASIK・前房型phakic IOLとの比較、適応の違いー
北澤世志博
国内学会一般講演
第663回東京眼科集談会(1992年)
表層角膜移植および角膜上皮形成術を行った蚕食性角膜潰瘍の一例
北澤世志博、土信田久美子、上川床総一郎
第36回日本コンタクトレンズ学会(1993年)
円錐角膜のデスメ膜破裂例に対する早期CL処方の試み
北澤世志博、佐野研二、所敬
第10回関東眼科学会(1993年)
脈絡膜剥離を合併した特発性頚動脈海綿静脈洞瘻の1症例
北澤世志博、星合純、吉野幸夫
第29回日本眼光学学会(1993年)
PRKにおけるセンタリング−視軸の角膜通過点への照射をめざして−
北澤世志博、前川悦子、佐野研二
第17回日本眼科手術学会(1994年)
Cooling photorefractive keratectomy(CPRK)の臨床経過
北澤世志博、前川悦子、森嶋直人
第17回日本眼科手術学会(1994年)
PRK(photorefractive keratectomy)における角膜上皮剥離
北澤世志博、前川悦子、所敬
第10回日本白内障屈折手術学会(1995年)
サクションリングをもつScanning typeエキシマレーザーによるPRKの臨床経過
北澤世志博、前川悦子、黒澤淑子
第62回日本中部眼科学会(1996年)
Photorefractive keratectomy後のヒアルロン酸ナトリウム点眼の効果
北澤世志博、佐々木秀次、前川悦子
第21回日本眼科手術学会(1998年)
最強度近視眼に対するPhotorefractive keratectomy(PRK)
北澤世志博、三橋環、岡本加奈子
第22回日本眼科手術学会(1999年)
エキシマレーザーPhotorefractive keratectomtomy(PRK)後の角膜形状
北澤世志博
第16回日本眼内レンズ屈折手術学会(2001年)
LASIK術後一時間の屈折度と裸眼視力
北澤世志博、沢井秀明、内山仁志
第37回日本眼光学学会(2001年)
LASIKにおけるフラップ厚と矯正効果
北澤世志博、沢井秀明、内山仁志
第55回日本臨床眼科学会(2001年)
LASIK術後一時間の裸眼視力
北澤世志博、板野美穂、土信田久美子
第25回日本眼科手術学会(2002年)
Laser epithelial keratomileusis(LASEK)の実際と初期臨床成績
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第17回日本白内障屈折手術学会(2002年)
LASIKのフラップ作製における江口式加圧下サクションの有効性
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第25回日本眼科手術学会(2002年)
Laser epithelial keratomileusis(LASEK)の適応と問題点
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第26回角膜カンファランス(2002年)
Piggy backコンタクトレンズでLASIK術後外傷による皺を修復した一例
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第17回日本白内障屈折手術学会(2002年)
藍眼科式Laser epithelial keratomileusis(LASEK)用トレパンの試作
北澤世志博、土信田久美子、田尻千鶴子
第17回日本白内障屈折手術学会(2002年)
LASIKにおける早期視力回復のためのフラップテクニック
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第56回日本臨床眼科学会(2002年)
LASIKとLASEKの選択プログラムの試作
北澤世志博、土信田久美子、田尻千鶴子
第26回日本眼科手術学会(2003年)
Laser epithelial keratomileusis(LASEK)後の角膜上皮下混濁
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第26回日本眼科手術学会(2003年)
LASIK術中の角膜厚変化
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第27回角膜カンファランス(2003年)
屈折矯正手術後のコンフォーカルマイクロスコープ所見
北澤世志博、土信田久美子、田尻千鶴子
第18回日本眼内レンズ屈折手術学会(2003年)
LASIK術中の角膜厚変化が術後屈折値に与える影響
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第18回日本眼内レンズ屈折手術学会(2003年)
角膜移植用ヘスバーグバロン氏真空トレパンを改良使用したLASEK
北澤世志博、田尻千鶴子、土信田久美子
第57回日本臨床眼科学会(2003年)
LASIK vs LASEK−角膜後面の前方偏位ー
北澤世志博
日本白内障屈折矯正手術学会 ビデオフェスティバル(2005年)
LASEKとEpi-LASIKにおける角膜上皮フラップの作成
北澤世志博、堀川良高、亀井千夏他
日本白内障屈折矯正手術学会(2005年)
Epi-LASIKにおける手術当日の術後疼痛と視力
北澤世志博、亀井千夏、堀川良高他
臨床眼科学会(2005年)
Epi-LASIKの初期臨床成績
北澤世志博、堀川良高、高橋貞他
日本眼科手術学会(2006年)
Epi-LASIKにおけるフラップ作成
北澤世志博、堀川良高、高橋貞他
日本白内障屈折矯正手術学会(2006年)
エピケラトームAMADEUS㈼の使用経験
北澤世志博、堀川良高、細見雅美他
日本白内障屈折矯正手術学会(2006年)
LASIKのエンハンスメントにおけるTrans illuminated flap lifting テクニック
北澤世志博、堀川良高、細見雅美他
日本白内障屈折矯正手術学会(2006年)
超高速エキシマレーザーConcertoによるLASIK
北澤世志博、堀川良高、細見雅美他
日本眼科手術学会(2007年)
Epi-LASIKの臨床成績
北澤世志博、今野公士、秦裕美他
日本白内障屈折矯正手術学会(2007年)
Radial keratotomy後の LASIK
北澤世志博、今野公人、本橋伸子他
日本眼科手術学会(2008年)
Thin flap Laser in situ keratomileusis(Thin flap LASIK)
〜フラップを薄く作るLASIK〜
北澤世志博、藤原裕丈、増渕敦他
日本臨床眼科学会(2008年)
Implantable Contact Lensの導入初期臨床経過
北澤世志博、今野公人、高橋洋子他
角膜カンファランス イブニングセミナー(2009年)
EBMなんかなんぼのもんじゃ!タブーに挑戦!
多重屈折矯正手術度どこまで大丈夫???
北澤世志博、今野公士、土信田久美子、高橋洋子
日本白内障屈折矯正手術学会(2009年)
若年者の白内障におけるmultifocal IOL手術
北澤世志博、今野公士、柴琢也他
日本眼科手術学会(2010年)
乱視付き多焦点眼内レンズの術後成績
北澤世志博、山田英明、今野公士他
日本白内障屈折矯正手術学会(2011年)
乱視付き多焦点眼内レンズの術後成績〜続報〜
北澤世志博、安田明弘、石山善三他
日本眼科手術学会(2012年)
多焦点眼内レンズにおける乱視矯正の必要性
北澤世志博、安田明弘、石山善三他
日本臨床眼科学会(2012年)
フェムトセカンドレーザーによる角膜実質内乱視矯正切開術と多焦点眼内レンズ同時手術
北澤世志博、安田明弘、石山善三他
日本眼科手術学会(2013年)
白内障手術同時フェムトセカンドレーザー角膜実質内乱視矯正切開術
北澤世志博、安田明弘、石山善三他
角膜カンファランス(2013年)
新しい老視矯正用角膜内インレー(Rain Drop)の使用経験
北澤世志博、安田明弘、土信田久美子他
日本白内障屈折矯正手術学会(2013年)
白内障手術同時フェムトセカンドレーザー角膜実質内乱視矯正切開術
北澤世志博、安田明弘、高橋洋子他
日本臨床眼科学会(2013年)
老視矯正用角膜内インレー(Raindrop)の臨床試験初期成績
北澤世志博、安田明弘、土信田久美子他
日本眼科手術学会(2014年)
多焦点眼内レンズ白内障手術時の乱視矯正
北澤世志博、安田明弘、高橋洋子他
日本白内障屈折矯正手術学会(2014年)
ICLとホールICLの比較検討
北澤世志博、沢井秀明、石山善三他
日本眼科手術学会(2015年)
多焦点眼内レンズ白内障手術時の乱視矯正
北澤世志博、石山善三、沢井秀明他
日本白内障屈折矯正手術学会(2015年)
白内障手術併施フェムトセカンドレーザー角膜実質内乱視矯正切開術後のタッチアップ
北澤世志博、石山善三、沢井秀明他
日本眼科手術学会(2016年)
ICLとホールICLの術後眼圧の比較検討
北澤世志博、石山善三、沢井秀明他
角膜カンファランス(2016年)
Clinical Results of Hole Implantable Collamer Lens
Yoshihiro Kitazawa、Zenzo Ishiyama、Hideaki Sawai
日本白内障屈折矯正手術学会(2016年)
強度近視眼と中等度以下の近視眼に対するICLの比較検討
北澤世志博、石山善三、三好博文他
日本眼科手術学会(2017年)
初期円錐角膜に対するICLの臨床結果
北澤世志博、石山善三、三好博文他
日本白内障屈折矯正手術学会(2017年)
強主経線角膜切開創からのICL挿入
北澤世志博、石山善三、三好博文他
日本眼科手術学会(2018年)
Toric Implantable Collamer lensの軸ずれ再固定
北澤世志博、石山善三、沢井秀明他
国外発表
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(1994年)
Non hyperopic phototherapeutic keratectomy
YOSHIHIRO KITAZAWA、ETSUKO MAEKAWA、TAKASHI TOKORO
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(1994年)
Excimer laser cooling PRK for high myopia; six-month follow up
ETSUKO MAEKAWA、YOSHIHIRO KITAZAWA、TAKASHI TOKORO
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(1995年)
Color Ellipsoid Topometer C-SCAN
YOSHIHIRO KITAZAWA、ETSUKO MAEKAWA、YOSHIKO KUROSAWA
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(1996年)
The efficacy of cooling on PRK
YOSHIHIRO KITAZAWA、TAKASHI TOKORO、SEIJI ITO
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2002年)
Initial clinical evaluation of LASEK
YOSHIHIRO KITAZAWA、CHIZUKO TAJIRI、KUMIKO TOSHIDA
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2002年)
Wavefront-Guided LASIK: What should be corrected in advance?
YOSHIHIRO KITAZAWA、CHIZUKO TAJIRI、KUMIKO TOSHIDA
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2007年)
Trans Illuminated Flap Lifting Technique for Enhancement of LASIK
YOSHIHIRO KITAZAWA、YOUKO TAKAHASHI、KUMIKO TOSHIDA、KIMIHIRO KONNO
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2008年)
Thin flapLASIK using femtosecond laser and
YOSHIHIRO KITAZAWA
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2009年)
Topo-guided ablation for treatment of decentered laser ablations and central island
YOSHIHIRO KITAZAWA、YOUKO TAKAHASHI、KUMIKO TOSHIDA、KIMIHIRO KONNO
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2011年)
Comparison of Wavefron-Gguided LASIK with different aberrometers and lasers
YOSHIHIRO KITAZAWA、AKIHIRO YASUDA、ZENZO ISHIDA、KUMIKO TOSHIDA
International Medical Advisory Board(2011年)
Laser vision correction for thin cornea
YOSHIHIRO KITAZAWA
International Medical Advisory Board(2012年)
iDesign vs CV: Preliminary Analysis Japan
YOSHIHIRO KITAZAWA
Amarican Society of Cataract and Refractive Surgery(2013年)
Intra Stromal Astigtic Keratotomy during Multifocal IOL Surgery
YOSHIHIRO KITAZAWA、AKIHIRO YASUDA、YOKO TAKAHASHI、Steve Shallhorn
STAARR Surgical 13th International EVO Visian ICLR Experts Summit(2016年)
Comparative study of EVO vs EVO+ Visian ICL
Featuring KS-AquaPORTR-surgical part-
YOSHIHIRO KITAZAWA
STAAR Surgical 2nd APAC Experts Symposium(2016年)
How to manage and prevent upside-down insertion of ICL
YOSHIHIRO KITAZAWA
STAAR Surgical 3rd APAC Experts Symposium(2017年)
Clinical results of the new EVO+ Visian ICL Featuring KS-AquaPORT
YOSHIHIRO KITAZAWA
STAARR Surgical 14th International EVO Visian ICLR Experts Summit(2018年)
Bilateral same day is my preffered choice
Simultaneous Bilateral ICL Surgery
YOSHIHIRO KITAZAWA