ページトップへ
オンラインにて
ご予約のお客様へ

オンライン予約の前に、以下についてご確認ください。
当院は完全予約制です。
木曜日は休診となります。
ご本人様の症状などにより、必ずしもご希望に沿えない可能性があります。
オンライン予約では、手術に必要な検査のために問診票の記入をしていただきます。
(10分程度のお時間がかかります。)
ご予約後、予約完了のメールが届きますと予約が完了になります。
ご入力日より2日以上連絡がない場合はシステムトラブルが考えられます。
恐れ入りますが下記お電話番号までご連絡をお願いします。

ご予約/お問い合わせ 
0120-971-162(ごよやく)

オンライン予約ページを開く
(別のページに移動します)

医院のご紹介

執刀責任者ご挨拶

北澤 世志博の写真

私が近視治療に携わるようになったのは、レーシックもまだない1993年に東京医科歯科大学でPRKの臨床試験を担当した時に遡ります。近視は眼鏡かコンタクトレンズで矯正するしかなかった時代に、手術によって裸眼で見えるようになることは画期的なことで、たくさんの患者様にお喜びの声を頂きました。それ以降屈折矯正手術に従事し、国内外の学会で多数の講演を行い手術の結果を報告してきました。1996年からはレーシック手術を始め、2003年から有水晶体眼内レンズ手術も始めました。有水晶体眼内レンズは前房型から後房型のICL(アイシーエル)に移行し3700例を超える臨床結果を学術論文で報告し文献7、そしてこの25年間で多くの方に様々な屈折矯正手術を受けて頂きました。

日本は近視大国にも関わらず、屈折矯正手術を受ける人はまだ少数派です。近視の手術には興味があるけれど合併症が心配な人や消費者庁のレーシックに対する注意喚起などの情報により手術をためらっている人が多いのも現状です。私はこれまでの25年間に及ぶ様々な屈折矯正手術の経験を通して、皆様にICLを知って頂き、一人でも多くの方に裸眼で見える喜びを感じて頂きたいと心から思っています。

北澤 世志博  Yoshihiro Kitazawa

理事長ご挨拶

我が国における屈折矯正手術は2008年の年間40万症例をピークに減少し現在は約4万症例になりました。これは一時ブームであったレーシックの問題点や厚生労働省の注意喚起などによりレーシックを受ける方が減ったためです。レーシックについては、平成25年12月4日付けで消費者庁が「希望した視力が得られないだけでなく重大な危害が発生したケースもあります」と注意喚起し、日本眼科学会も「レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!」とホームページに記載しています。しかしながら我が国の近視人口は約4.000万人ともいわれ、眼鏡やコンタクトレンズでの生活に不便を感じていらっしゃる方がたくさんいるのも事実です。このような背景の中で、近年注目され増えてきているのが眼内にレンズを挿入するICL(アイシーエル)手術です。ICL手術は清潔な眼内にレンズを挿入するので、通常のコンタクトレンズのような出し入れや交換の必要がない、いわゆる眼内コンタクトレンズです。ICLは厳格なライセンス制度のもと資格のある日本眼科学会認定眼科専門医のみが執刀しますので、安心して手術を受けて頂くことが出来ます。

一方白内障手術に目を向けますと、一昔前は開眼手術と言われ、術後は眼鏡で見えるようになることが手術の目的でしたが、近年はできるだけ裸眼で見える、それも出来れば遠近とも裸眼で見えるようになりたいと思う方が増えています。そのような方の期待に応える事が出来るのが多焦点眼内レンズを使用した白内障手術です。また更に白内障手術はメスを使わずレーザーで正確に手術を行うレーザー白内障手術へと進歩してきました。

今日、若い方もシニアの方も出来るだけ裸眼で快適な生活ができることを希望する方が増えており、皆様の期待に応えるべくICLとレーザー白内障手術専門のクリニックをオープンしました。この先進的な治療の実現の裏には、医療技術の進歩はもちろん、当院の医師たちによる不断の技術向上の鍛錬があります。当院は「すべては患者様のために」を理念に、日本における屈折矯正手術・白内障手術の普及のために日本白内障屈折矯正手術学会評議員としての使命を肝に銘じ、先進的で高度な医療と良質のホスピタリティを提供し、安心して手術を受けていただけるよう、スタッフ一同、皆様を家族と同様に温かい気持ちでお迎えいたします。

貞松 良成 Yoshinari Sadamatsu