facebookのアイコン twitterのアイコン Instagramのアイコン
ページトップへ

眼科用語

老視(老眼)

ろうし(ろうがん)

加齢により水晶体の調節機能が低下し近くがぼやけて見えること。40歳くらいで現れ、老眼初期では眼精疲労が多くなり手元の距離が遠くなる。

眼鏡やコンタクトレンズに頼らずに老眼を治す手術について詳しくはこちら