facebookのアイコン twitterのアイコン Instagramのアイコン
ページトップへ

眼科疾患

円錐角膜

えんすいかくまく

角膜中央やや下方部分が前方に突出する疾患。アトピーやアレルギーなど目の擦過癖との関係があり、程度の差はあるが両眼性で進行する。不正乱視となり視力の低下が起こる。初期はハードコンタクトレンズで矯正、進行すると角膜移植となる。進行防止には角膜クロスリンキングがある。レーシックは適応外であるが、初期円錐角膜や円錐角膜疑いの症例はICLの治療対象になることもある。

ICLは、近視、遠視、乱視の矯正に対応できる手術治療です。ICL治療の詳細についてはこちら