ページトップへ
オンラインにて
ご予約のお客様へ

オンライン予約の前に、以下についてご確認ください。
当院は完全予約制です。
木曜日は休診となります。
ご本人様の症状などにより、必ずしもご希望に沿えない可能性があります。
オンライン予約では、手術に必要な検査のために問診票の記入をしていただきます。
(10分程度のお時間がかかります。)
ご予約後、予約完了のメールが届きますと予約が完了になります。
ご入力日より2日以上連絡がない場合はシステムトラブルが考えられます。
恐れ入りますが下記お電話番号までご連絡をお願いします。

ご予約/お問い合わせ 
0120-971-162(ごよやく)

オンライン予約ページを開く
(別のページに移動します)

円錐角膜とは

角膜が薄くなり、角膜中央部から下部が突出する先天性・進行性の角膜の病気です。

正常な角膜

円錐角膜

角膜の形が変化し、近視や不正乱視が強くなり、進んでくると眼鏡やコンタクトレンズをつけても矯正ができなくなり、角膜移植術などが必要となります。
原因は不明で先天性、進行性疾患です。アトピーやアレルギー疾患など、目をこする刺激(角膜擦過)が増悪因子と言われていますが、そのような誘因がなく発症する場合もあります。
初期の内は自覚症状がありません。ある程度進行してくると乱視が増加していきますが、メガネやソフトコンタクトレンズでも良好な視力が出ます。そのため、初期のうちに発見されることは少なく、屈折矯正手術などの検査の際に角膜形状を精密に検査して初めて指摘を受ける方もいらっしゃいます。10 歳代~ 20 歳代の青年期に発症し、その後進行し、40 歳以降になると進行しにくくなる方がほとんどです。まれに 30 歳代以降で発見されて 50 歳以降も進行する方もいます。1,000 人に 1 人が発症していると言われ、決して珍しい疾患ではありません。

円錐角膜の治療方法は、進行しているのか、あるいはその程度などで異なります。
サピアタワーアイクリニック東京では、矯正視力が安定していらして、なおかつ規定以上の角膜の厚みがある方に向けて、円錐角膜の治療と ICL 治療を組み合わせることで、近視や乱視の程度を大きく減らす治療をご提案いたします。

2019 年 2 月に改訂された日本眼科学会の「屈折矯正手術のガイドライン(第 7 版)では、以前「禁忌」とされていた ICL 治療における円錐角膜の症例に対して、「実施に慎重を要するもの」と治療の可能性が広げられました。執刀責任者の北澤は国内では 9 名のみの ICL エキスパートインストラクターとして認定を受けています。その豊富な経験から、患者様へ世界水準の治療をご提案いたします。

円錐角膜の進行を抑制する治療