facebookのアイコン twitterのアイコン Instagramのアイコン
ページトップへ

【コラム】老眼とは

ヒトは40歳前後で徐々に近くが見にくいことを自覚してきます。
最近ではパソコン作業やスマ―トフォン、タブレットの使用時間の増加により老眼を自覚する時期が更に若年化している傾向があるようです。

老眼の症状と進行

まずは眼精疲労から現れます。もちろん老眼以外でも起こりえることですが、40歳前後になり、昔よりも疲れるのが早くなったなと感じたらそれは老眼の始まりかもしれません。

老眼が更に進むと、頑張って調節しようとしてもピントが合わなくなり、近くのものが見えなくなります。
下の図のように、30歳では17cmまで合わせられたピントも、40歳を超えると25cmに、50歳では50cmまで遠くなります。
これではスマートフォンの操作や読書は難しそうですね

スマホ老眼とは?

スマートフォンやタブレットが普及した今、急増しているのが「スマホ老眼」です。

本来40歳前後で現れる老眼とは異なり、小さな子どもや20代から30代に多いとされています。
これは、PCやスマートフォン、タブレットを長時間見続けることで起こる「目の調節機能の一時的な低下」が原因です。
目を休めることで多くの症状は治りますので、定期的に遠くを見るようにし、目の緊張をほぐしましょう。

老眼への対処方法

老眼への対処として真っ先に挙げられるのが老眼鏡や遠近両用の眼鏡ですが、年々眼鏡の煩わしさを感じる方が増えており、皆さんの老眼に対する意識が昔とは違うことを実感させられます。
それに伴い多焦点眼内レンズの進歩により白内障手術の低年齢化が急速に進み、更には遠近両用の有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)が登場しました。老眼への対処法もどんどん進化を遂げています。

当院での老眼治療

詳しくはホームページ内に記載しておりますが、当院では多焦点眼内レンズや遠近両用の有水晶体(フェイキックIOL)による老眼の治療を行なっております。
経験豊富な医師の診察と国家資格を持った視能訓練士による精密な検査により、ひとりひとりに合った最適な治療方法を提案させていただきますので、まずはご相談下さい。

TOPページに戻る