facebook(ICL専門サピアタワーアイクリニック東京) twitter(ICL専門サピアタワーアイクリニック東京) Instagram(ICL専門サピアタワーアイクリニック東京)
ページトップへ

【コラム】結膜下出血とは

泣いてる女の子

結膜下出血とは?

結膜の下にある小さな血管が破れて出血したもので、白目部分がべったりと真っ赤になります。
それ以外に特に症状がなく、「周囲から指摘された」「鏡を見て気付いた」ということがほとんどです。

原因は?

出血を誘発する要素としては、強い咳やくしゃみ、嘔吐、過度の飲酒、目のこすり過ぎ、コンタクトレンズ、夜更かしなどが挙げられますが、誘因がはっきりしないことがほとんどです。

また高血圧、糖尿病、白血病、腎臓病など全身疾患が関わっていることもありますが、ほとんどの場合は疾患の有無に関係なく突然発症します。

出血の原因が明らかなケースとしては、目の手術後や外傷によるもの、急性結膜炎に伴う場合などが挙げられます。

充血とは違うの?

結膜下出血の場合、血管が破れて出血し、透明な結膜の下に溜まるためベタっとした赤い血液が透けて見えます。

充血は血管が拡張した状態で、血管が走っている様子が見えるのが特徴です。

結膜下出血

結膜下出血

充血

充血

結膜下出血

結膜下出血

充血

充血

治療方法は?

程度にもよりますが、1〜2週間ほどで自然に吸収されますので治療の必要はありません。

時間はかかっても必ず吸収されますのでご安心ください。

とはいえ気になる!

眼球自体に心配はいらなくても周囲の目が気になる!という方は、ホットタオルやホットアイマスクで目を温めてみてください。即効性はありませんが、吸収が早くなります。

ただし、目の手術後の場合は目の周りを触らず、自然に吸収されるのを待ちましょう。

ホットアイマスクを使う女性

ICL手術後の出血

ICL手術時には黒目と白目の境を切開して眼内コンタクトレンズを挿入するので創口や白目の血管から出血して目が赤くなることがあります。

この出血は手術後1~2週間で自然に消失します。また、手術の結果や目への影響もございませんのでご安心ください。

次の場合は眼科を受診してください

眼外傷を受けた場合や出血以外に痛みやかゆみ、眼脂を伴う場合、ひんぱんに出血をくりかえす場合には、他の眼疾患や全身疾患も疑われるため、眼科・内科を受診しましょう。

ICL術後に眼球にボールが当たる、殴られるなど直接的な強い外傷が起こると、まれにICLがずれることがあります。

この場合もICLを元の位置に戻せば問題ありませんが、見え方がおかしいなどご心配の場合はご連絡ください。

TOPページに戻る