facebookアイコン twitterアイコン Instagramアイコン YouTubeアイコン
ページトップへ

ICLのレンズが合わない???

ICLと、多焦点レーザー白内障手術の専門クリニックであるアイクリニック東京の執刀責任者である北澤 世志博<ドクターK>が、ICLのレンズが合わない?についてお話します。

本記事では、レンズの入れ替えが必要になる原因と割合は?、度数が合わないことを避ける方法はあるのか?についてご紹介します。

レンズの入れ替えが必要になる原因と割合はどのくらいですか?

原因は2つあります。
①近視乱視の度数が残って思うように視力が出ない場合
近視が0.01や0.02程度の強い方等は、思った通りの視力が出にくい場合があります。

②レンズのサイズが合わない場合
ICLはその方の目に合わせたサイズのレンズを選ぶのですが、小さい場合はレンズが目の中で回って乱視が残る場合があります。

詳しくはこちらの動画でご覧ください。
ICLは目の中で回るのか?【公式】アイクリニック東京<ドクターKのICL相談室>Vol.22

どちらの場合も入れ替えをして綺麗に見えるようになれば問題ありません。

度数が合わないことを避ける方法はありますか?

手術を受ける患者は、手術前の検査を正確に受ける為に以下の事に注意する必要があります。

①コンタクトレンズの制限を守ること
②ドライアイの場合は点眼でケアをすること

これらを守り、手術前の検査を良い状態で受けることが大切です。
守った後は病院側で資格を持った視能訓練士が丁寧に検査を行い、レンズの度数やサイズを決めていきます。

ICLのレンズが合わない?くわしくは動画本編で

今回は動画本編から内容をピックアップしてお伝えしました。本編ではICLのレンズが合わない場合について丁寧に解説していますので、ぜひチェックしてください。

ICL手術を検討中の方は、ぜひ本編動画をご覧ください。

本編のラインナップ

00:55 レンズの入れ替えが必要になる原因と割合はどのくらいですか?
02:12 レンズが合わないのはどうして起こるんですか?
02:40 強度というのは具体的にどのくらいなんですか?
04:04 レンズが大きかったり小さかったりしたらどうなりますか?
04:51 レンズの度数が合わない場合はどんなことが起こるんですか?
06:03 レンズの度数が合わないのはなぜ起こるんですか?
06:57 度数が合わないことを避ける方法はありますか?
07:35 レンズの入れ替えは難しいですか?
08:46 皆さん北澤先生に手術してもらうために来られるんですか?


ICLページはこちらから

ICL手術ページへ移動