facebookアイコン twitterアイコン Instagramアイコン YouTubeアイコン
ページトップへ

ICL手術で失敗はあるのか?

ICLと、多焦点レーザー白内障手術の専門クリニックであるアイクリニック東京の執刀責任者である北澤 世志博<ドクターK>が、多くの方が気になるポイント、ICL手術で失敗はあるのかについてお話します。

本記事では、手術での失敗、ICLにはどんな人が向いているかについてご紹介します。

ICLの手術で失敗はありましたか?

ICLは世界でも120万症例ありますが、失明したという報告は国内含め海外でもありません。

手術ですので、充血や炎症は必ず起きます。
術後は目薬をさす必要がありますが、さぼると感染症を引き起こしたり、失明につながったりかねないリスクはあります。

思っていたより視力が出なかった、もしくは乱視が残ってレンズを入れ替えたという事はあります。
このように結果が思うように出なくても、度数を入れ替える手術を行えば視力を回復させる事は可能です。

ICLに向いている方はどのような人だと思いますか?

手術ですので、メリットもあればデメリットもあります。そういったデメリットを含めて許容できる方、ポジティブで前向きな考えの方がおススメできると思います。

さらに日常生活で眼鏡やコンタクトレンズにわずらわしさを感じている人、仕事中に眼鏡を使えない人もいます。
そういった方、裸眼で見える喜びを感じていただける方はICLに向いていると思います。

ICL手術で失敗はあるのか?くわしくは動画本編で

今回は動画本編から内容をピックアップしてお伝えしました。本編ではICL手術の失敗について、実際の患者さんの意見も交えながら丁寧に解説していますので、ぜひチェックしてください。

ICL手術を検討中の方は、ぜひ本編動画をご覧ください。

本編のラインナップ

01:16 ICLの手術で失敗はありましたか?
02:26 結果が思うように出なくても再び手術をすれば大丈夫ですか?
03:34 手術後見えにくいという意見は聞きますか?
05:14 手術後に痛みがある患者さんはいらっしゃいましたか?
06:02 眼精疲労が気になるという方はいらっしゃいましたか?
07:18 CLに向いている方はどのような人だと思いますか?


ICLページはこちらから

ICL手術ページへ移動