facebookアイコン twitterアイコン Instagramアイコン YouTubeアイコン
ページトップへ

[ICL手術]ICLの術後について

ICLと、多焦点レーザー白内障手術の専門クリニックであるアイクリニック東京の執刀責任者である北澤 世志博<ドクターK>が、ICL手術中や術後の視力についてお答えします。

本記事では、動画内から「ICL手術後は直後からすぐ見えるようになるのか」「ICL手術後に視力が落ちることはあるのか」をピックアップしてお伝えします。

ICLは手術直後にすぐ見えるようになるのか

ICL手術を受けられる方は、手術中にレンズが入った際「あ、何か見える」と仰る方もいます。手術当日はかすみが残りますが、術後から0.7~1.0程度見える場合が多く、手術後は自分で十分見える視力でご帰宅できます。

術後は目薬が非常に大事になってきますが、手術の翌朝には95%くらいクリアに見えます。ICL手術を受けた方は手術翌朝の「あ、見える!」から始まり、その後も眼鏡やコンタクトを付けなくても見えるという驚きと感動を得ています。

関連記事:ICL手術後は直ぐに見えますか?術後は一人で帰れますか?

安定した後に視力が落ちることはあるか

レーシックとの比較になりますが、レーシックは角膜を削るので、傷ついた組織を元に戻そうとする生体反応が働くため、術後1~2年くらいして視力が落ちてきたという情報がインターネット上でも見かけます。

一方ICLは眼内コンタクトレンズなのでレンズそのものの度数が変わることはありません。ですから基本的には近視が進行しない限り得られた視力は維持できます。

北澤医師のデータでは、術前0.04程度の視力の方(約3,000人)が、ICL手術後5年も1.3程度の視力を維持できているという結果があります。

関連記事:ICL手術ではレーシックのように視力が落ちることはないのですか?

ICL手術後の視力について詳細はぜひ本編で

今回の動画では、今回記事でご紹介した内容のほか、「視力は手術後どれくらいで安定するのか」「数十年経って老眼や視力が変わった時はどうすればいいか」などについて詳しく、かつ分かりやすく解説しています。

ICL手術を検討中の方は、ぜひ詳しい情報を本編でごらんください。

本編のラインナップ

0:36 – ICLは手術直後にすぐ見えるようになるのですか?
1:44 – 翌朝にはよく見えるようになっているのですか?
3:05 – 視力は手術後どれくらいで安定しますか?
3:42 – 目薬は一週間程度はさす必要はあるのですか?
4:08 – 安定した後に視力が落ちることはありますか?
5:08 – 数十年経って老眼や視力が変わった時はどうすればいいですか?
6:17 – ICLでより効果を得るためのポイントはありますか?
7:42 – コンタクトレンズや眼鏡と見え方に違いはありますか?


ICLページはこちらから

ICL手術ページへ移動