facebookアイコン twitterアイコン Instagramアイコン YouTubeアイコン
ページトップへ

ICL手術のよくある質問 ー 手術前編 ー

ICLと、多焦点レーザー白内障手術の専門クリニックであるアイクリニック東京の執刀責任者である北澤 世志博<ドクターK>が、ICL手術のよくある質問-手術前編-についてお話します。

本記事では、ICL手術の検査前にコンタクトレンズの制限があるのはなぜか?やICL手術を受けられない人の割合は?受けられない理由は?についてご紹介します。

ICL手術の検査前にコンタクトレンズの制限があるのはなぜですか?

コンタクトレンズを付けると目のカーブが変わり、近視乱視の度数が本来の度数と変わってしまう為、制限していただく必要があります。

ソフトコンタクトレンズで3日間、ハードコンタクトレンズで2週間の制限をしていただくようになります。

ハードコンタクトレンズに関しては、レンズが硬く上記の影響を受けやすいので2週間と少し長い期間となっております。

また制限中は、眼鏡を装着して過ごしてください。

ICL手術を受けられない人の割合は?受けられない理由は?

ICL手術を受けられない方の割合は、大体全体の5%ぐらいとなっております。

受けられない理由として、レンズを入れるためには、前房というスペースが必要となります。

基本平均3ミリのスペースが必要となりますが、2.5ミリなど前房スペースが狭い方、また眼底に何か病気があったり緑内障で視野が欠けていたりすると残念ながらICL手術を受けることができません。

ICL手術のよくある質問 ー 手術前編 ーくわしくは動画本編で

今回は動画本編から内容をピックアップしてお伝えしました。本編ではICL手術の前に2回検査する理由はなぜなのか、授乳中や妊娠中でもICL手術や検査は受けられるのかなどの点についても丁寧に解説していますので、ぜひチェックしてください。

ICL手術を検討中の方は、ぜひ本編動画をご覧ください。

本編のラインナップ

00:00 オープニング
00:25 ICL手術って最近よく聞きますが新しい手術ですか?
01:07 ICL手術の検査前にコンタクトレンズの制限があるのはなぜですか?
01:47 コンタクトレンズの度数が強くて中止が難しいのですがどうしたら良いですか?
02:40 ICL手術の前に2回検査する理由はなぜでしょうか?
03:10 ICL手術を受けられない人の割合は?受けられない理由は?
04:05 授乳中や妊娠中でもICL手術や検査は受けられますか?
04:58 花粉症などのアレルギーがありますが、ICL手術は受けられますか?
05:47 新型コロナウイルスのワクチンは手術前後どのくらい空けたら良いですか?
06:31 ICL手術の推奨年齢は?実際に手術を行った最低年齢、最高年齢は?


ICLページはこちらから

ICL手術ページへ移動