facebookアイコン twitterアイコン Instagramアイコン YouTubeアイコン
ページトップへ

老眼と遠近両用眼内コンタクトレンズ

ICLと、多焦点レーザー白内障手術の専門クリニックであるアイクリニック東京の執刀責任者である北澤 世志博<ドクターK>が、老眼と遠近両用眼内コンタクトレンズについてお話します。

本記事では、老眼は何歳からで、どんな症状が現れるのか?や遠近両用の眼内コンタクトレンズというのは適応年齢はどのくらいなのか?についてご紹介します。

老眼は何歳からで、どんな症状が現れるのですか?

老眼が始まる年齢は人によって個人差がありますが、目が良い人ほど老眼が早いです。

一般的には40代後半から50代になると、目の良い方だけではなく近眼の方も老眼になります。

また老眼は、眼鏡やコンタクトレンズをして遠くは見えるけど、近くが見づらくなり疲れやすくなる症状が現れます。

遠近両用の眼内コンタクトレンズというのは適応年齢はどのくらいですか?

45歳の老眼が始まるところから白内障になっていると、水晶体が濁っていて視力も落ちており白内障の適応となってしまうので、45歳から60歳くらいの白内障が出るまでの間が遠近両用の眼内コンタクトレンズの適応年齢です。

老眼と遠近両用眼内コンタクトレンズについてくわしくは動画本編で

今回は動画本編から内容をピックアップしてお伝えしました。本編では老眼の治療についてはどんなものがあるのか、白内障の手術はどうやって老眼を治しているのかなどの点についても丁寧に解説していますので、ぜひチェックしてください。

ICL手術を検討中の方は、ぜひ本編動画をご覧ください。

本編のラインナップ

00:30 老眼は何歳からで、どんな症状が現れるのですか?
00:58 遠くが見えて近くが見えないんですよね?
01:19 老眼の治療にはどんなものがあるのですか?
02:47 その遠近両用の眼内コンタクトレンズというのは適応年齢はどのくらいですか?
03:10 白内障の手術ってどうやって老眼を治しているのですか?
03:53 もし遠近両用の眼内コンタクトレンズか白内障の手術かを選べるときはどちらにすればいいですか?
04:42 それぞれの手術の検査から手術までの期間って大体どのくらいなんですか?
05:29 手術にはそのくらい時間がかかると思っておいたほうがいいですね
05:40 まだそんなに個数も日本にはないんですかね?
06:19 患者さんで高齢の方はいらっしゃるのですか?


ICLページはこちらから

ICL手術ページへ移動