facebookアイコン twitterアイコン Instagramアイコン YouTubeアイコン
ページトップへ

初めての方へ

当院は、ICL(眼内コンタクトレンズ)と白内障手術の専門クリニックです。

私たちの想い

高度で先進的な医療と良質な
ホスピタリティを提供します。

当院の医師は国内外の学会で屈折矯正手術と白内障手術に関する講演やシンポジウムなどの座長を多数務めた実績があります。その成果を活かし、クリニックにおいては常に高度で先進的な技術を導入し、精度の高い医療を皆様に提供できる設備を整えています。また、全てのスタッフが皆さまに温かく接し、どんな些細なことでもご相談いただける環境づくりに努め、皆さまが手術を受けられて本当に良かったと感じていただくために最善を尽くします。

サピアタワーアイクリニック東京のスタッフ

医師を含めスタッフ一同、
皆様を自身の家族と同様に思い
対応致します。

手術を受けられる皆様を、自身の家族の手術と同様に思うことで親身になって心のこもった対応を尽くし、患者様やご家族の方と信頼関係の保持できる医療を提供致します。

サピアタワーアイクリニック東京のスタッフ一同

皆様に最新のICLとレーザー白内障手術をおすすめしていきます。

当クリニックの最高執刀責任者の北澤世志博は1993年から屈折矯正手術にかかわり、25年間にわたってこれまで多くの方に屈折矯正手術を提供してきました。また理事長の貞松は20年以上のキャリアにおいて平成14年から平成30年の期間に延べ23,276例もの白内障手術を執刀してきました。この実績はこれまでたくさんの患者様の信頼にこたえ続けてきた歴史です。我々は常に皆様の期待にこたえ、おすすめされるクリニックとしての使命感をもって一層の努力をしていきます。

白内障(多焦点眼内レンズ含む)、網膜硝子体、緑内障、その他のグラフ
白内障(多焦点眼内レンズ含む)、網膜硝子体、緑内障、その他のグラフ

それぞれの方の目に最も合った術式をおすすめしていきます。

ICL(眼内コンタクトレンズ)はとても矯正精度が良く安全を確保できる手術ですが、全ての方が受けられるわけではありません。またレーザー白内障手術も利点が多い手術ですが、患者様の眼の状態や現在の矯正手段と比べて手術が不向きな場合は、他の術式をおすすめすることや場合によっては手術をおすすめしないこともあります。当院では手術の勧誘をしたり、手術を強引にすすめることは一切いたしません。